MENU

【いつからが正解?】アヤナスを使うべき年齢層

アヤナス

 

アヤナスは、敏感肌専用化粧品というだけでなくエイジングケアもできる攻めの化粧品です。「エイジングケア」もできるだけに、使っている年齢層は高めという印象がありますが、実際にはどうなのか、使い始めるのによい年齢層はどれくらいなのか、など気になることを調べてみました。

 

【目次】

 

アヤナスを使っている年齢層

 

これは、考えていてもわからないことなので、ディセンシアにお電話をして聞いてみました。そのお答えは
「特に30代~40代のお客様にご愛用いただいています」
とのこと。でももちろん20代の方も60代70代の方々も幅広い年齢層の方が使っているともおっしゃってました。
エイジングケアができるという点では、やはり30代から気になる症状が出始めるのかもしれませんね。
エイジングの症状って、個人差が激しく実年齢ってあまりあてにならないもの。実際、敏感肌は実年齢よりも老けて見れれることが多いそうなんです。
そう考えると、20代でも敏感肌に悩んでいるのであればアヤナスでエイジングケアを始めてもよいのかもしれませんね。

 

敏感肌が老けて見える理由

 

敏感肌の方が実年齢よりも年上に見えるのには、敏感肌の原因である肌のバリア機能の低下にあったんです。

 

バリア機能の低下 → 外部から刺激を受ける → 肌が炎症を起こす → エイジング物質を発生 → 肌老化が加速

 

外部からの刺激を受けることで肌が炎症を起こし、それによりエイジング物質が発生し老化が進んでしまうんですね。また、バリア機能が低下すると、肌内部の水分も蒸発してしまうため肌の乾燥を引き起こし小じわやくすみの原因にもつながってしまうんです。

 

アヤナス

 

敏感肌の方はエイジングケアだけを行っていてもダメなんですね。肌老化の原因であるバリア機能を改善しないといつまでたっても、肌老化への悪循環を断ち切ることができません。
20代だから、30代だから、でなく敏感肌を改善しておくことが若々しい肌をキープできる秘訣といえるようです。

 

アヤナスが敏感肌を改善できる理由

 

アヤナスは敏感肌の原因である「バリア機能」を改善することができます。その秘密は「ヴァイタサイクルベール」と呼ばれるディセンシアの特許技術にあります。
このヴァイタサイクルベールは、肌本来のバリア機能に代わってベントナイトという成分がバリア膜を作り、外部からの刺激や水分蒸発から肌を守ってくれます。また浸透性の高い保湿成分セラミドナノスフィアを配合することで、肌内部を水分で隙間なく満たし、それにより外部刺激の侵入を防ぐこともできます。

 

肌本来のバリア機能の改善を待つのではなく、アヤナスをつけた瞬間からバリア機能が復活することができるって敏感肌の方にとっては嬉しい限りだと思います。
まずは肌を守ることで炎症を防ぎ肌老化を食い止めることが大切です。

 

アヤナスのエイジングケア

 

アヤナスはバリア機能の改善のほかにも肌老化を予防・改善する成分が配合されています。

 

CVアルギナート

 

アヤナス

 

コラーゲンの産生にかかわる繊維芽細胞に働きかけ肌自身がコラーゲンを作り出せるようにしてくれる成分です。
コラーゲン配合の化粧品は多くありますが、コラーゲンは分子が大きいため肌に浸透することができず、外部から補っても意味がないんです。必要なのはコラーゲンを増やすケア。CVアルギナートはまさにぴったり。CVアルギナートが含まれる化粧品を使うとコラーゲン量が1.7倍にも増えるという実験データもあるんです。

 

糖化による黄くすみ

 

アヤナス

 

黄くすみは、紫外線の影響による美白化粧品をつかってもケアできません。糖化による黄くすみに対応した化粧品を使う必要があります。アヤナスはその黄くすみに対応した数少ない化粧品です。
体内の糖とタンパク質が結びつくことで発生するエイジング物質のAGEs。このAGEsの影響で肌が黄くすみを起こします。これに対し、「コウキエキス」で予防、「シモツケソウエキス」で改善をしていくことが期待できます。

 

ストレス肌荒れに対応

 

アヤナス

 

ストレスという精神的なものが原因の肌荒れってなかなか改善する難しもの。ですが、アヤナスはストレスを受けると肌の温度が低下し、それが肌のバリア機能の低下につながり炎症を引き起こすというメカニズムを解明。このストレスによる肌荒れを予防・改善していくのがストレスバリアコンプレックスとよばれる3つの成分です。肌温度の上昇をする「ジンセンx」、タイトジャンクションの活性化する「パルマリン」、リラックス効果のある「ビルベリー葉エキス」、これら3つの成分がストレスに負けない肌へと導いてくれます。

 

まとめ

 

アヤナスは30代から40代の方に利用者が多い化粧品ですが、それ以外の年齢層の肌に合わない、というわけではありません。むしろ敏感肌の方は早めに敏感肌の改善に努めることで肌老化を食い止めることをおススメします。

 

私は敏感肌って一生付き合っていくものだと思っていたので、恥ずかしながら改善できると思っていなかったんです。ただ小じわやたるみが気になり始め、敏感肌でもケアできる化粧品がないかなと探しているときに、老け顔の原因が敏感肌にあるんだってわかったんです。

 

私が参考にしたサイトには、アヤナスで敏感肌が改善したことや、ほうれい線が改善したことなどが書かれていて、アヤナスを購入する決心がつきました。アヤナスについてもうちょっと情報がほしいなって時はぜひ参考にしてみてくださいね。

更新履歴